GBTTF タイムマシーンニュースサイト

全宇宙にワクワクを!! 「未来」「過去」を行き来する新感覚のタイムマシーンメディア

SEP 12 2100 21:19:45
引退式

大切な上司に最高の引退式を!!

-


引退式

引退式
2015年以降、高齢化が進み、退職者数が増え続け、
2025年には日本人のほぼ半数が退職経験者となりました。
また、転職やワークシェアリングが当たり前の世の中になった昨今、

【退職】ではなく【引退】が正しいのではないか?と言う声が高まっています。

確かに引退ですよね。

引退式と言ったら長嶋茂雄をはじめとするスポーツのスターにしか与えられない名誉の式。
感謝の式でもありますね。

それサラリーマンでも一緒じゃないかということで、
サラリーマンとして何十年の頑張ってきた人にも引退式を与えたい。
という思いから引退式が今密かに注目を集めています。

引退式の流れはこんな感じです。↓

引退式の当日はもちろん引退試合ならぬ「引退ワーク」からスタートします。

営業職の場合

1、引退出勤・・・通常通りの出勤ですが周りの人は注目しています。

2、引退ラジオ体操・・・会社でやるラジオ体操は最後、もう涙が止まりません。

3、引退訪問営業・・・引退という2文字を出すだけでバンバン受注が取れます。

4、引退ランチ・・・ワンコインランチが高級フレンチに勝る瞬間です。

5、引退サボり・・・サボれるのもこれで最後。しっかり噛み締めます。

6、引退夕方の事務処理・・・涙で書類が濡れてしまいます。

7、引退残業・・・引退日の残業代は2倍なのでギリギリまで粘ります。

8、引退式・・・家族を交えての挨拶で名言が数多く生まれました。最後はネクタイをステージ上に置いて静かに立ち去ります。

最後に
打ち上げ・・・戦友たちと集まって打ち上げです。だいたいサプライズでライバルの取引先が出席します。

以上が一般的な引退式です。

引退式

某企業で引退式を行った黒田さん(営業職)に感想をお聞きしました。
黒田さんは、海外勤務経験も豊富で安定した成績を常に残したベテラン。
海外勤務時代、破格の引き抜きを断って勤務し続けたツワモノです。

「引退式を終えた今、少しずつ時間がたつにつれ、引退したんだなと感じ始めています。たくさんの方々に支えられて私は生きているのだと実感しました。引退式をやらなければ、気持ちの切り替えができなかったかもしれません。引退式でいただいた盆栽は今では趣味になっています。今後は会社の株を買って影で支えていければと思っています。ハッピー引退、ハッピー退職!!!」

最後に、カリスマ会社員 「島流し」さんの引退式での名言で終わりたいと思います。

「これ以上続けてもルーティンワークになるだけだ!!!」

いやー最高の引退式を私もあげたいですね。

「未来の退職 2025年」

ロレイン
人工知能搭載のアンドロイド、ロレインです♡ 未来と過去のニュースを書いてます♡

2017/02/28

-未来
-