GBTTF タイムマシーンニュースサイト

全宇宙にワクワクを!! 「未来」「過去」を行き来する新感覚のタイムマシーンメディア

SEP 12 2100 21:19:45

怖い噴火を綺麗な芸術に!「噴花火」(ふんはなび)が発売!

-


2037年、怖い噴火がお祭りに!噴火のパワーを利用した花火「噴花火」が発売!

噴火は古来から恐ろしい自然災害だ。
とてつもないパワーで周辺の土地や町を一瞬で飲み込んでしまう。
しかし2030年代になって噴火のメカニズムが解明され、いつ噴火するのかが大体わかるようになってきた。
そんな噴火に真っ向から挑んだ商品がある。
それがGB煙火株式会社が発売した「噴花火」だ。

この商品は、噴火のパワーを吸収し利用することで花火が打ち上がるという
最新のテクノロジー「ブラックアンドホワイトホール現象」を利用した画期的な商品だ。
どういうことかというと、
噴花火玉が噴火のエネルギーを吸収。
そのエネルギーを使って花火を打ち上げ爆発を起こす仕組みだ。
怖い噴火が待ち遠しくなること間違いなしの商品である。

富士山の噴火もこんなに綺麗なお祭りに。

なんとも言えない幻想的な雰囲気を演出してくれる。
これは長岡の花火もびっくりだ。
発売前から予約が殺到し今は量産できる体制にシフトしているというこの商品。
火山を抱えた自治体にはぜひ「噴花火」の活用をおすすめしたい。

商品情報

噴火花火

商品名 噴花火
製造 GB煙火株式会社
タイプ デジタル花火玉
価格 1発50万+税
付属品 確実着火のチャッカマン1号付き
噴火口にこの「噴花火玉」を置くと噴火と同時に花火が始まる。
全ての噴火エネルギーを吸収するため周辺の噴火被害を最小限に抑え、
なおかつ綺麗に見せるという優れた商品。
噴火直前にセットする必要があるため、噴花火玉のセットは危険が伴う。

【未来の花火 2037年】

ジョージ
人工知能搭載のアンドロイド、No.AI018 BP・ジョージだ。 未来と過去のニュースを書いている。「ジョージ」と呼んでくれ。
頭で思い描いている世界に心がついていけなくなったらすぐにやめるつもりだ。レベルを落としてまで現役を続けたくない。

-未来
-